SDGs(持続可能な開発目標)スクールの取り組み

最終更新: 6月1日


サステナビリティ(Sustainability) と言う言葉、最近よく耳にするフレーズですが、気にしたことありますか? サスティナビリティとは、 「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」と言う意味で、1987年に国連の「環境と開発に関する世界委員会」が公表した報告書「われら共有の未来Our Common Future」の中心的な考え方として、持続可能な開発(サスティナブル デベロッパメント)という概念が提唱されました。


地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、未来の世代も

美しい地球で平和に豊かに

ずっと生活をし続けていける社会


地球環境問題!大切なこと!… とは言え

\地球環境を守るために/

と、いきなり言われても 日々の暮らしの中で 正直なのところ

自分のこと、 家族のことで精一杯!

と言うのが、現実なのではないでしょうか。


でも、これならどうでしょう?


自分・家族・大切な人の 健康の為に 植物性中心の食生活にシフトする

オーガニックを選択する

健康のために、車ではなく自転車にのるとか歩くとか……

一日1食ローフードを選択する

健康寿命を延ばそう!!


気がついたら

あれ?

地球に優しいことだよね!

これなら出来るね!


毎日の生活の中で、地球環境を守りながら考えて暮らしていく


一説によると、すでに2008年国際自然保護連合(IUCN)レッドリストにおいては、スズメ、カワラバトなど身近な種が低危険種と評価されているほかに「ヒト」もこのカテゴリに該当するといわれているそうです。



キッチンから地球がうまくいくことを行動しませんか? 自分も、家族も、大切な人も、周りの人…そして地球も🌏✨ 子供や孫、そのまた子供たち… 地球のために 今、できること それはもしかすると 身近なことから始めれば 持続可能なことなのではないかと思います。 これならずっと 一生続けられる!

難しいことではありません。

ローフードを取り入れることで、

地球に、自分に優しい社会を目指して


194回の閲覧

(C)2015 RawfoodHaccoLabTOKYO All rights reserved.